フリーエンジニアが選ぶ学校での講師の道

フリーエンジニアとして仕事をこなす実力を持っていても、その活躍の場は自由な選択が可能である。
システム開発の仕事にかかわることが、この職業の主な活動の方法としてある。しかし、その他にも能力を活かす方法は存在している。
技術は、後の世代へと伝えていかなければならない性質のものである。
書籍や資料としてノウハウを蓄積するには限界がある。
対面での教育指導を通して、伝えられる技術もある。

システムエンジニアとして長年に渡って仕事に従事してきた人物は、身につけた知識やノウハウを手にして、大学や専門学校で後進となる技術者への指導ができる。
情報技術者の学習をサポートしている教育施設としても、仕事の実践的な経験や、情報通信業界の実状を知る人物を講師として迎えることができるのは心強い。学生は、将来システムエンジニアとして仕事を始めるにあたって、ベテランのエンジニアから本格的な指導を受けることができる。

教育の場を通じて指導を行う事で、効率よくエンジニアとしての技術を継承していくことが可能となる。
また、講師として働く場があるということは、システム開発の仕事の前線から離れた後も、安定した収入を得ることにも効果がある。
引退したシステム開発のエンジニアの技術を無駄にすることなく、後世へと伝えていくための場所として、学校が果たす役割は大きい。
引退後の身の振り方として、講師という働き方を考慮に入れる価値は十分にある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です